y式備忘録 trois

備忘録です。自分が読み返して楽しいブログ。うろおぼえのTHE ALFEEは多め。

ネタバレ【THE ALFEE】夏フェスタ2017年7月30日横浜アリーナ初日

f:id:hiyuka_tokyo:20170730004603j:image

夏フェスタ当日キタ――(゚∀゚)――!!

なのにわたしは若干二日酔い。

馬鹿馬鹿。

早めに行ってグッズを買うつもりが

家でしっかり寝て新横浜着が

16時過ぎ。

空模様あやしーーー。

f:id:hiyuka_tokyo:20170730004808j:image

野外ライブもう一回みたいとは思いつつも

こういう天候を目の前にすると

屋根付きありがたいって思いますよね。

横浜アリーナ到着してからほどなくして

どしゃぶり。

遅れてきた友人を待って17:30に会場入りしましたが

入るだけで傘さしてても濡れた。

メモリアルグッズ交換はスムーズでした。

 

さて席はセンター席の35列め。

花道が前にでてきているので

普通の会館なら10何列くらいの近さではあります。

 

f:id:hiyuka_tokyo:20170730005123j:image

さて18時開演少し過ぎてのスタート。

音楽かっこいい。

ドットイメージが登場。

3つのAが出てきてめちゃかっこいい。

幕が開いて登場したのは上から。

羽根つきのゴンドラです。

桜井さん大丈夫か!?

 

一曲目はJourney

火柱も立ってます。

久しぶりだあ、うれしい。

二曲目は

クリムゾンキス。

わーー、赤いチーフもってないの。

残念。

でも楽しめます。

なんだかもう懐かしい曲や

最近あまり聴いてなかったなあ、という

セットリストでうれしすぎました。

 

MCでは

春フェスタの大宮でやった

地球はメリーゴーランドのかえうた。

袖からかなり離れてるけど桜井さんの足元から

ぽーんと枕が出てきてまた桜井さんが

まわってました。

いくら、まぐろと続いて

怒る態度の桜井さん。

それをうけてたかみーもまわる。

あぶなっかしい。

コードを下でさばいてもらってましたが

たかみーがやると怪我をしそうでこわい。

坂崎さんもまわり、結局3人で回ってました。

 

この夏一番ホットなナンバーということで

タマホームのCMソング。

坂崎さんが「週末は横浜アリーナで!」って言い換えたの最高でした。

 

高見沢さんがあんなに晴れてたのに

なんで雨降ったかしってる?

今日は堂本光一くんがきてくれてるからです!というので会場ざわつく。

そりゃ彼がいたらアルフィー見に来てても気になるよね。

坂崎さんに「キョロキョロしない!」って怒られるわたくしたち。

後からこっそり双眼鏡で見ちゃいました。

まさか見る日がくるとは。

 

 君はパラダイスの

やりたいよ女子大生は

ちょっと問題と言いつつもアンケートで山口県から来た人と挙手させるもそんなにたくさんいなかったような。

続いて坂崎さんも埼玉県から来た人と声をかける。沖縄もきいたかな。

桜井さんはこないだ大変だった大分県の人、ときく。

高見沢さんがお前いいこといいやがって、といいますが本当に桜井さんていいなあ。

 

しかし

何をきいても

しゃらんらんらやりたいよー

山口県、ってなんだよそりゃってことでした。

 

アンコールでカンレキーズ。

衣装がサイケ柄のミリタリー。

カンレキーズの文字も入っています。

五種類目ということで

ファッションショーも兼ねながらの

グッズ紹介。

最初坂崎さんは赤。

なかなか動きがそれっぽくてかわいい。

小さい人にもよく似合う、と高見沢さんがナレーション。

続いて桜井さんは青。

顔の大きい人にもよく似合うとナレーション。

再度坂崎さんは白。

桜井さんはエメラルドグリーンかな、と思いきや

なんとあたまの左右にシニヨンつけた

赤いチャイナガール。

めちゃかわいい!

チンジャオロースがうまい、というのだけど

よくよく聞くとお肉が縮んじゃう、

チヂンジャウロースだったり

店名が揚子江ではなく用水路だったり

ほんとおもしろすぎました。

明日も見られるかなあ。

 

練習しまくった

エレキの恋人のフリはばっちり。

たのしかった。

カンレキーズの衣装のまま

星空のディスタンス

銀テープがめっちゃかわいかった。

f:id:hiyuka_tokyo:20170730011236j:image

f:id:hiyuka_tokyo:20170730011241j:image

乙女心をくすぐるかわいさ。

 

アンコールの今年29回目の

S&Tは風船が上から落ちて来ました。

とてもかわいくて幸せな光景に

みとれました。

f:id:hiyuka_tokyo:20170730011411j:image

 

アルフィーは時代をつかめてない。

いつも5番手、6番手。

たまによくて3番手。

でもこうやって三人で積み重ねてきたことが

いちばんだと思います。

ライブハウス時代からやっていた

曲を今夜最後にお送りします、と高見沢さん。

SAVED BY THE LOVE SONG

時代をつかめ

この歌と夢を信じて

明日へ迎え

 

あらためて聴くと

売れてない頃の若いミュージシャンが

作った夢みたいな曲を

今こうやって

答え合わせみたいに聴いてるって

ほんとすごい。

鳥肌です。

 

最後にありがとう、って言ってるひとがいて

本当にそうだと思った。

恥ずかしくて言えなかったけど。

 

夢みたいな楽しいライブは

明日もあるよ。

しあわせだ。

hiyuka-tokyo.hatenablog.com

 

f:id:hiyuka_tokyo:20170730012209j:image

Journey
クリムゾンキッス
shout
サファイアの瞳
STAND UP BABY
MC
幻想飛行
BRIDGED TO THE SUN
LONG WAY TO FREEDOM
MC
リバーサイド
タマホーム
君はパラダイス
真夏のストレンジャー
OVER DRIVE 夢よ急げ
MC
創造への楔
真夜中を突っ走れ
AUBE
BRAVE LOVE

あなたに贈る愛のうた

アンコール1
カンレキーズのテーマ
エメラルドの伝説
フリフリ
DANCING60
エレキな恋人
星空のディスタンス

アンコール2
SWEAT&TEARS
SAVED BY THE LOVE SONG