読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

y式備忘録 trois

日々のあれこれはすぐに忘れちゃうから忘れても思い出せるように綴っていきます。ほんのたまにTHE ALFEE

【仙台】牛タン・味太助

食べる

f:id:hiyuka_tokyo:20160419124050j:plain

 

仙台牛タン発祥の店 味太助

 

小雨ふる桜の見頃も盛りを過ぎた仙台へ。

散策の前に牛タンを食べることに。

タカラジェンヌからオススメされていたのは

「まるたん」さんだったのですが

日曜日は生憎夜からだということで

もう一つのオススメで味太助さんへ。

 

仙台駅から15分くらい

アーケードを通り向かうと

いかにも夜の町の雰囲気の通りへ。

ひっそりしているからすいているかな?と

淡い期待を抱きましたが

お店の前はしっかり長い列。

それでも40分くらいで中へ。

 

店内は座敷とカウンターがあり、

私達はカウンターへ。

ランチメニューです。

f:id:hiyuka_tokyo:20160419124447j:plain

もちろん1.5人前をオーダー。

カップルは一緒盛りでいいですか?と

お皿ひとつになっていました。

けんかしないかな。

 

通常のメニュー。

f:id:hiyuka_tokyo:20160419124543j:plain

足りなかったら追加するのかな。

 

店内に通されたらそのタイミングで

たくさんの人が。

どうやら牛タンは網で一気に焼くみたい。

f:id:hiyuka_tokyo:20160419124918j:plain

f:id:hiyuka_tokyo:20160419124943j:plain

カウンターなので煙が来るけど

それはそれで高まる。

おじさんの牛タンを焼く手つきもリズミカルで楽しいです。

けっこうミディアムな焼き加減。

 

最初にやさしそうなお母さんが

テールスープと麦ご飯をくれて、

すぐに牛タンのお皿もきました。

f:id:hiyuka_tokyo:20160419125109j:plain

わー、厚い!

f:id:hiyuka_tokyo:20160419125124j:plain

最高の塩加減。

牛タンは厚いのにやわらかい。

でも弾力がある。

最高です。

夢中になって完食。

そえてあった南蛮味噌でごはんがすすみます。

 

あー、まんぷく。

f:id:hiyuka_tokyo:20160419125237j:plain

ひとり1800円払って外へ。

 

まだ行列は続いています。

f:id:hiyuka_tokyo:20160419125321j:plain

 

焼肉屋さんの牛タンとはまた一味違ったうまさ。

駅に牛タン通りがあったけど

足を伸ばせるならこっちかな。

 

ごちそうさまでした。