y式備忘録 trois

備忘録です。自分が読み返して楽しいブログ。うろおぼえのTHE ALFEEは多め。

関東ファイナル★ネタバレ★THE ALFEE【BEST HIT ALFEE2017 春フェスタ】2017年6月29日大宮ソニックシティ

f:id:hiyuka_tokyo:20170630165008j:plain

 

梅雨空の中、ぽっかりとあいた
曇りの日。
私にとっての春フェスタファイナル、大宮。
会場まわりはチケット譲って下さい、の人が
多かったそう。
さすが関東ファイナル。
2階席でしたが前が通路でとても
見やすい席。
結局テープが取れる席は一度しか回って
こなかったけどどこも見やすかったし満足です。
テープなんてほんと何本も必要なものではないしね。

今夜の二曲目は星空のRENDEZVOUS
前半のツアーでは初恋の嵐と変わったりしてた曲。
私が聞くのは初かな。
衣装を変えてでてきたときに
Choo Choo TRAINみたいな動きをしますが
それがばらけるときに
高見沢さんと桜井さんがちょっと小競り合いしてて
おもしろかった。
高見沢さん空手の型というか
スペシウム光線の型というか
とにかくかわいい。

桜井さんの「うりはいいぞう、かやまゆうぞう」も
今夜で見納め。
幸ちゃんの三平師匠の「ショートパンツ」のオチも。

エメラルドの伝説はもはや
むやみにきゃーきゃー言ってもいいので
すっごく楽しい。
たかみーもノリにのってアクションがちょっと
増えていた。
やっと腹筋する姿が見られました。

白いミリタリーのとき
桜井さんは学生服、メイド服というパターンが
ありましたが同じ白でも
なんとお医者さまの白衣を着て登場。
髭が白い、からヤギみたいだ、メーと鳴くという
パターンでしたけど
まさかの「目医」
毎度高見沢さんの思いつきにつきあう
桜井さんには感謝です。
コントでは目医の桜井さんがのこぎりで
幸ちゃんのお腹をギコギコ。
腸を取り出して太郎さんに投げる、という
なんともおもしろいけど反応に困るコント。
最後の最後に新しいコントをやる俺たちって、、って
やっぱりやっている方もそう思いますよね。
桜井さんがヤギみたいだ、って言われてたの
なんの気もなしに聞いていましたが
たしかに髭がものすごく白いんですね。
てことは髪の毛も相当白いんだろうなあ。
まあ年齢が年齢ですもんね。
ロマンスグレーの桜井さんも見てみたい気がするけど
実際老けて見えちゃうからな。

閑話休題

高見沢さんがアルフィーが長く続いているのは
ブームにならないところ!と
時代に二番手、三番手、あれ五番手かな、、?と
いいつつでもみんなの中ではアルフィーがブームだよな!って。
そう全くその通り。

さてエレキな恋人で再登場のとき
なんと三人でかつてよく見たAのポーズ!
と言いたいところだけど幸ちゃんがまっすぐ立てないので
昔のようにはいかないけど
それよりみんなが「あぶない!」って
絶叫していたのが時代の流れ。
歌の最中のギターを右に左のふりは本当に
かわいくてずっと見てしまう。

まあ最初はなんだか違和感もあったけど
ツアーもここまでくると
みんなのフリもきれいにそろって
楽しみ方もわかって
カンレキーズ名残惜しい。
また夏に見られるけどね。

さてさてアルフィーで再登場し
メタルは三曲までを華麗にこなし
お座りタイムのフォークタイム。
高見沢さんがシルバーの衣装にアコギを
抱えて今夜は
ガロの地球はメリーゴーランドを歌います。

まわる まわるよ 僕らを乗せながら
まわる まわるよ 地球はメリーゴーランド

これだったらこの衣装とギターの組み合わせも
しっくりくるかな、といいつつ
坂崎さんが「これが桜井だったら?」といつものフリ


まわる まわるよ まさるがまわるよ
まわる まわるよ まくらを乗せながら

という歌詞。
なんと本当にまくらを頭に乗せて回る桜井さん。
もう爆笑。

次は
まわる まわるよ いくらがまわるよ
まわる まわるよ まさるは回転寿司

ってこんどはいくらを乗せて回ってます

最後は
まわる まわるよ まぐろがまわるよ
まわる まわるよ まさるは目が回る

って本当に桜井さんが目を回してました。
反対にもまわってみたけどやっぱ
目が回っちゃうんだって。
かわいそ。
やはりこのネタ、ほぼほぼ直近に
思いついたらしく
いくらもまぐろも小道具さんが
作ってくれたそう。
高見沢さんはハンズとかに売っているような
のでもいいよ、と
言ったのだけど小さいからやっぱり
ちゃんと作ってくれたんですって。さすが。
坂崎さんが
高見沢はなんだかんだいいよといっておきながら
気に入らないと「ちがうだろーーー。ちがうだろーー」って
言うもんな、と今が旬の豊田真由子議員の真似。
幸ちゃん、なにげに政治家シリーズ多い。

桜井さんが「小さな恋の物語」を
見るのに3-4時間ひとりで並んだときに
鳩の糞がおっこってきてまわりの女子高生に
ひかれた話。
高見沢さんが明治学院マーク・レスターだ、
という話から
ビージーズの「メロディフェア」でした。

DNAのあとは
桜井さんがコンフィデンスにはいって
ビージーズを覚えたと。
音楽のDNAがあって昔覚えた曲は不思議なことに
忘れない。
みんなの中にはアルフィーのDNAがはいっている。
だって画面見てなくても
タマホームのCM、アルフィーだ!ってわかったでしょ。
デビュー43年
もう親に「また行くの」って
言われても気にしなくなったでしょ。
アルフィーがある限り
永遠にコンサートは続けます。
そのあと
みんなどの曲でアルフィー
好きになったかを知りたい、ってことで
ラブレター、夏しぐれ、メリーアンで聞かれました。
ベストテンのハガキは当時アルフィーが一番多かったそう。
その点ではたのきんトリオに勝ってた。
おれたちは自分たちのこと
桜井賢のま、高見沢のた、坂崎のさき、で
またさきトリオって呼んでたけどね。

さてそんなベストテンの話から
サファイアの瞳へ。

アンコール後の
グッズ紹介のコーナー。
もはや特筆すべきことはないと思いつつ
桜井さんが
そういやさ、幸ちゃんなんで祭り半纏
ずっと着ているの?というツッコミ。
確かに着ている必然性が全くなかった!

最後の高見沢さんのMCでは
かなけんと似た永遠のおはなし。

ほんといつまでも一緒にいたいね。

関東ファイナル最高でした。
名古屋にバトンをお渡しします!

 

hiyuka-tokyo.hatenablog.com