読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

y式備忘録 trois

日々のあれこれはすぐに忘れちゃうから忘れても思い出せるように綴っていきます。ほんのたまにTHE ALFEE

【香水】イギリス王室御用達Penhaligon's(ペンハリガン)の「Empressa」(エンプレッサ)

12月に入って

ホリデーシーズン突入という感じがしますね。

普段あまり自分にご褒美をあげていませんが(ライブは除く)

たまには女という性を思い切り謳歌できる

プレゼントを自分に贈りたいものです。

 

ひさしぶりにペンハリガンの香水を

高島屋で購入しました。

f:id:hiyuka_tokyo:20161202150648j:plain

 

ホリデーキットとして

ボディクリームもついています。

 

webのページではこんな感じ。

f:id:hiyuka_tokyo:20161202150740p:plain

 

f:id:hiyuka_tokyo:20161202150749j:plain

175mlなのでかなりたっぷり。

お店で買うと6,000円くらいはするそうです。

 

エンプレッサって女帝って意味らしい。

とても女らしくゴージャスな香り。

ドレスアップしたときに使いたいですねえ。

 

誕生:2014年 フェミニンでフルーティなシプレ

19世紀末、海洋貿易の拠点として栄華を極めたロンドンにインスピレーションを得たコレクション、TRADE ROUTES〈トレードルート〉のひとつ。
コレクションの中でもっともフェミニンなエンプレッサは、当時、影響力を持った上流社会の女性たちのために、次々とロンドンに運び込まれた貴重なシルク製 品やパールの美しい光沢にインスパイアされたフレグランス。 ヘッドノートは、弾けるピンクペッパー、ジューシーなブラッドオレンジ、ブラックベリー、ピーチが香りたち、とびきりフルーティ。やがて、ローズとネロリ に彩られたフローラルノートがきらめき、パチュリとバニラが織りなすドライダウンでは、ココア、アンバー、マルトールが、深みのあるウッドと交じり合い、 ソフトで官能的な余韻を残します。

 

お値段も女帝並。

f:id:hiyuka_tokyo:20161202150946j:plain

年末は友の会カードの会員限定で

5%オフのチケットが配られるのです。

もっぱらお歳暮用ですけど

3,000円以上の商品ならほぼほぼ適応できます。

(詳しくはお問い合わせを!)

 

この香水のお店、ペンハリガンの直営ではなく

ブルーベルというお店が代行しているんですね。

香水のセレクトショップみたいな感じです。

ある程度の金額のものを買うとおまけがすごいんです。

いただいたのはこちら。

f:id:hiyuka_tokyo:20161202151402j:plain

ペンハリガンのお試しと

ブルガリのミニチュアボトルもいただきました。

f:id:hiyuka_tokyo:20161202151511j:plain

結構たっぷり。

さわやかなので早速会社につけてきました。

気持ちをこめて自分にふりかける香水は

魔法のようで時間がたってもいろいろな

香りの表情をみせてくれます。(なんつって)

 

売り場のお姉さんも

とても素敵でした。

たくさんの香りで疲れた鼻は

コーヒー豆でリセットするのですね。

びっくりしました。

 

香水はつけてから30分からが

いい感じに香るそう。

お化粧のタイミングでつけてくださいと言われました。

カラダの何カ所かつけるけど

やはり手首の脈のあたりがいいみたい。

そこにつけて首筋にも移すというね。

 

早くエンプレッサつけてみたいな。

楽しみです。