読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

y式備忘録 trois

日々のあれこれはすぐに忘れちゃうから忘れても思い出せるように綴っていきます。ほんのたまにTHE ALFEE

☆ネタバレ☆THE ALFEE【BEST HIT ALFEE2016 春フェス】2016年6月22日 神奈川県民ホール

梅雨ですが薄曇り。

f:id:hiyuka_tokyo:20160623140641j:plain

f:id:hiyuka_tokyo:20160623140643j:plain

f:id:hiyuka_tokyo:20160623140646j:plain


前回(2015.11.25)の時は雨だったよ。
四列目の花道横で信じられないくらい
髙見沢さんと坂崎さんを見たのですが
今回は三階。

f:id:hiyuka_tokyo:20160623140632j:plain


人生いろいろ、チケットいろいろ。

 

f:id:hiyuka_tokyo:20160623140700j:plain


でも結果的にすごく見やすい席。
左右は張り出しているんですね。
一列目と出っ張っている部分は立ってはいけないという。

さてさてはじまりました。
さ、サラミーーー!
二回目。
ほんと髪の毛がさらさらと美しい。
なにげにこっちのが似合ってるんじゃないか、と。
トラベリングバンドはもちろん
「たどりついたぜ横浜!」
もう最高ですね。

5曲目にはVictory来ました!
最近なんだか聴きたいなあ、と思っていたので
すごくうれしい。
イントロでみなさんごそごそ。
ちゃんと旗をもっている方多い!
すごーーーい!
横浜という土地柄もあるんでしょうけど
神奈川県民ホールでこの曲やるの
3、4年のセトリを遡りましたが見つけられませんでした。
三階からフラッグが揺れるのをみて
なんだか胸が熱くなりました。

7曲目はCount Down 1999。
拳を降ろすタイミングがない曲。
そうしていられることを
改めて幸せに感じます。

坂崎さんのMCでは
中途半端な40年を乗り切って
いまちょっきり42年です!とのこと。
あとでたかみーが今年のが忙しく感じる、って
言ってましたね。
やはりクラシックが大きかったみたい。
ブルーレイが出ます、と。
あんなに緊張している自分の顔はじめて見たって。
指揮棒を見つめて、タイミング遅れちゃいけないと思って、って。
(それきいて欲しくなったけど、多分まだ買わない!)

さて、桜井さん登場。
村の鍛冶屋のメロディにのって、
今夜はとんかち持ってます。
餅つきには杵と臼が必要だ、となって
「うす、うす」ってまた薄毛の話につなげる。
桜井さん、幸ちゃんの頭皮に刺激を与えるよと
後頭部をとんとん。
自分は前だから、と額あたりをとんとんするも
案外勢いよすぎてちょっとよろめいてました。
袖でスタッフさんも笑ってるよ、って。
いつものナンセンスギャグ炸裂なので
海が引いちゃうよ、引き潮だよ、と
幸ちゃんが言うと
桜井さんが良い声で「しじみ、はまぐり、あさり〜♪」と
歌うと幸ちゃんに「あんたはバカ貝」」と突っ込まれる。

しかしこれ全部髙見沢さん考えてるんだな、と
思うと桜井さんと幸ちゃんにお疲れ様ですよ、って言いたくなるな。

たかみーはいつもの上手じゃなくて
花道横の扉から登場。
手には油差しといつもの巨大なぜんまい。
幸ちゃんの頭にちょぽちょぽと注入。
またタイミングがあわなくてただすけさん叱られる。
「鈴木!」って叱責。
こんな薄毛ネタの台本だけど
本気で薄くなったらやらないから
察してください、とのこと。
ふたりのことばかり言っているけど
案外髙見沢が危ないかもよ〜と言われる始末。
そう、それは誰にもわからないw

パンフ紹介のコーナーで
坂崎さんの岡っ引き姿が評判いいので
十手マイク作るよ、とたかみー。
十手マイクで「恋の炎」歌うの?と幸ちゃん。

お座りタイム
8曲目はこのツアー初のうつろな瞳。
桜井さんのボーカルとそれにぴったり寄り添う
髙見沢さんのコーラスがセクシーでとても素敵。

たかみーのMCでは
恋をしよう、みんなと僕は相思相愛だ!の
話でなんだか三人が取り合いみたいな感じで面白い。
髙見沢さんが
アルフィーのすごいところはどこですか?
うん、スイッチボーカルですよね」と。
でもスイッチボーカル難しいんですよ。
自分の番を忘れちゃったりね。
こないだ忘れて桜井にめちゃめちゃ叱られました。
ごめんねー、ギターが忙しかったからさあ、
とか言い訳する姿が態度悪いw
桜井さんに素直に謝れないたかみーが露呈w

さてそのあとの
11曲目、無情の愛 X。
そう桜井さんと髙見沢さんのスイッチボーカルの曲!
髙見沢さん、二番目の冒頭歌うの忘れる!
おーーーーい、さっきの話は壮大なフリだったのか。
もう髙見沢さん凄すぎる!!!!!
(のちにトラップが、、とか書いてたけど自分だよね!!!)
あーー、もう愛して止まない男、それが髙見沢俊彦。

後半の出し物は
桜井さん、やたら動く。
途中で酸素欲しい、と言っているのに
まだ動く、踊る。
ふたりだけの夜もいつも通り動きまくりましたが
さすがに恋のマラカス・ブラザーズの紹介前は
なんだか必死で声を出しているみたいで
大丈夫か!!と心配に。
実際アンコール2では
幸ちゃんと髙見沢さんの肩を借りてでてきました。
冗談ぽいけど
実際裏では本気で大変だったのかもな、と。
桜井さん、ムリしないでね!

27回目のSWEAT & TEARSも
本当に素晴らしかった。
銀テープは降ってくるのも上から見ているのも
信じられないくらい幸せな気分にさせてくれます。
またこの夏も聴けるんだねえ。
そんな当たり前みたいなことを
本当に幸せに感じるよ。

髙見沢さんは夏を
あと30回やる、と行ってくれたよ。
絶対だよーー。
必ず付いていくからね。

さて、私の春フェスは終わりました。
川口、京都、仙台、NHK2days、横浜で
6本。
どの会場も本当に楽しかった!
いつも楽しくて、感動があった。
見る場所の違いもあるし、
その時の自分の心の状態でも
どの会場もぜんぶ新鮮だった。
昨日は恐らく心配事も悩みもなかったのか
私の中が無になって、
全てを取り込めた気がします。
もはやロスです。
夏が待ちきれない。
でもちゃんと夏は来る。

自分が書いた台本のくせに
本当にうれしそうに笑うあの方を
早くみたいよーーーー。

 

 

2016/6/22(水)
神奈川県民ホール
 
1.風の翼
2.トラベリング・バンド
3.Good Times Boogie
MC 坂崎さん
4.恋の花占いII
5.Victory
6.CRASH !
7.Count Down 1999
MC 3人
8.うつろな瞳
9.Manhattan Blues
10.GLORIOUS
MC 高見沢さん
11.無情の愛 X
12.挽歌
13.Jupiter
星空のディスタンス
14.或いはノイシュバンシュタイン城の伝言
15.Orionからの招待状

アンコール1
16.ダイアモンド・ヘッド
〜G.S. I Love You -あの日の君へ
〜出し物
17.ふたりだけの夜
18.恋のマラカス・ブラザーズ
メンバー紹介
19.SWEAT & TEARS

アンコール2
20.碧空の記憶
MC 高見沢さん
21.今日のつづきが未来になる

 

 

 

さてマラカス防音用のタブレットケースは
やっとこさタブレットに返して
IKEAジップロックにいれておきます、マラカス。
まあまた一ヶ月後に必要でしょうけどね。(だよね?)

 

f:id:hiyuka_tokyo:20160623140726j:plain