読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

y式備忘録 trois

日々のあれこれはすぐに忘れちゃうから忘れても思い出せるように綴っていきます。ほんのたまにTHE ALFEE

骨董ジャンボリー、2015夏。

もうずいぶんたってしまいましたけど
覚え書き程度に。
夏の骨董ジャンボリー開催は8/7〜8/9でしたね。
前回ネットで割引券を取るために
情報を入れたので割引券付きのハガキが
送られてきました。
坂崎さん撮影だったのでとてもうれしい。

幸ちゃん好きの友達とお昼前に待ち合わせしていざ現場へ。
今回は話しかけることができるのかな。

チケットを買いつつ会場をみると
カメラのムサシヤさんの位置はすぐわかりますね。
やはり女性がわんさかいる。
夏だからか、喉に心配がないからか
坂崎さんはマスクをしておりません。
前回も思ったのですが、
こないだ(夏イベ)あんなに遠かった人が目の前にいる
信じられなさ。
いくら骨董屋のおやじに化けても
こちらの感動は変わらないですよね。
買いやすい価格のガラスのお花の
説明の紙が今回は置かれている。
アレンジされているのは幸ちゃん作みたいです。

びっくりするくらい若い女の子たちがいて、
写真を撮らせてもらったり、
ポーターズの布バッグにサインをしてもらったり、
わあ、いいなあ。
なるべくお店の邪魔はしたくなかったので
適当に切り上げましたが
前回に比べると写真を撮らせてもらっている人が多かったなあ。

友達は結果また話すことなく
帰りました。
私に話しかければいいのに、って言うけど
私だけ話したら嫉妬するでしょ、って
答えておきました。
実際話すことは全然できるけど、
ある程度チャンネルを変えないと無理です。
尊敬して大好きな人とはそう話せるものではない。
そういう思いも大事だと思います。

ランチは日比谷シャンテの柿安に行って
ヘルシーなビュッフェにしました。
大根とか冬瓜とかカボチャとか
妙齢のご婦人の心を掴むラインナップ。
デザートも美味しくて満足。
スタンプラリーをやっていたので
買い物、食事、書籍を購入して
エリザベートのクリアファイルをゲット。
楽しい一日でした。

今度はまた冬に会えるかな。
それよりも秋のツアーだ。
初日当たればいいのになあ。