読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

y式備忘録 trois

日々のあれこれはすぐに忘れちゃうから忘れても思い出せるように綴っていきます。ほんのたまにTHE ALFEE

Takamiy a Paris 五日目〜帰国

私はエールフランスでツアーデスク集合10:00の一便です。

毎回の朝ご飯の時に良くしてくれたギャルソンは今日はおやすみ。

昨日お別れをいっておきました。

 

部屋に戻って時間までゆっくりしました。

母は高見沢さんと写った写真をうれしそうに

何度も眺めていました。

彼女にとって娘が30年間騒いでいる

一有名人に過ぎなかったのですが、

話を二度聞く機会に恵まれ、思ってた以上に

いい人だ、と思ったみたい。それはよかった。

昨日の夜、乾杯の時に

母を振り返り「お母さん、ありがとう」と言いました。

生まれてはじめて一番素直に母親に感謝を述べられたのかも。

素直にしてくれた高見沢さんに会えるフランス旅行、

本当に最高の思い出です。

過去にはどんなに頑張っても戻れないから

前を向いて歩いて行こう。

そして時々取り出して心があたたかくなる

思い出をこれからも作っていこう、と改めて思いました。

アルフィーとは、まだまだたくさんの思い出を作りたい。

いや、作る。

とりあえず五月は北海道へ初遠征だ!!

高見沢さんもいつかはベルサイユ宮殿でライブ、とおっしゃってたけど

実現してくださいまし!!

 

 

 

私達が帰国して二日後くらいに高見沢さんも帰国したと知りました。

事故も無く無事終わってよかった。

高見沢さんが言った「俺がいるところは安全」が

本当でした。

高見沢さん、本当にありがとうございました!!