読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

y式備忘録 trois

日々のあれこれはすぐに忘れちゃうから忘れても思い出せるように綴っていきます。ほんのたまにTHE ALFEE

もう4日経った。

もう4日経った。
ダムにでも落ちてしまったんじゃないか、という声。
ダムに落ちたらあがってこれない。
水を大量に飲んでいるから、ガスであがってくるまで。

みんな普通のようにしているが
ふと悲しさがおそってくる毎日を過ごしている。

寝る前によぎるのは
君の笑顔だ。
いつも愛想よく人当たりのいい態度。
やさしい物腰。
さっき君の写真を見てしまったよ。
胸がつぶれかけた。

最後どんな景色をみたの?
なにを思ったの?
まさか、自分が。
信じられない気持ちだったのではないのか。

わかるはずもないが、
勝手に君の無念さが私にはくやしくてならないよ。

見つかったらまた別の悲しみがあるのは知っている。
でもこのままじゃ、私達の心も水に沈んで冷えたままだよ。